お知らせ・ブログ
news

大阪市 M様邸 雨漏り補修

お知らせ・ブログ
2022.07.01

1階の天井から雨漏りがあるとの依頼を受け、お宅まで調査に伺いました。
2階のベランダの防水がかなり劣化しています。

 

窓の廻りも隙間がたくさんありました。

 

通常の雨の降り方ならこんな所から雨水は部屋の中に入ってこないのですが、下から吹き上がる風などがあると、このような所からも雨水が入り込んできます。

2階のベランダの隅に散水検査をしたところ水漏れはありません。

 

次に窓の隙間に散水検査をしてみたところ、1階の天井から水漏れが確認されました。

 

隙間にシーリング(コーキング)処理を行ないました。

 

 

このシーリング(コーキング)防水工事を行なってから梅雨の時期を越しましたが、雨漏りの報告はありません。
ただ、ベランダの防水(塗膜防水)がかなり劣化していましたので、早めの防水工事をおすすめしているところです。