施工事例
works

雨漏り原因になっていたマンション廊下の床のひび割れを補修工事 大阪市福島区

2022.07.11

雨漏り原因になっていたマンション廊下の床のひび割れを補修工事 大阪市福島区
  • before

    before
  • after

    after

今回は大阪市福島区にあるHGマンションの管理会社様からのご依頼で、共用部廊下の床と天井のひび割れを補修させていただきました。

廊下の床から階下の天井までひび割れが貫通して雨漏り

HGマンションは築20年、鉄骨9階建ての建物で、外部に面した吹き抜けの廊下には各階合計約20か所ものひび割れがありました。

雨の日に廊下に吹き込んだ雨が、階下の天井に貫通したひび割れを伝って雨漏りしていたそうです。

床のひび割れの真下、階下の廊下の天井にもひび割れと水が染み出たあとがありました。

下の写真では、ちょうど床と天井の同じ位置、排水口と排水口の間にひびが入っています。

天井のひび割れに付着しているものはエフロ(エフロレッセンス)と呼ばれる、コンクリートの成分が溶け出し固まったものです。

エフロがあるということは、ひび割れた箇所から確実にコンクリートの内部に水がしみこんでいることわかります。

今回は管理会社様からの希望で、床部には樹脂モルタル成形処理、天井部には樹脂モルタル成形に加え仕上げ塗装も行ないました。


基本情報

費用
約20万円
工期
約4日間 8人工

施工内容

  1. 樹脂モルタル用プライマー材塗布
  2. 樹脂モルタル成形
  3. ケレンがけでエフロを除去
  4. 樹脂モルタル用プライマー材塗布
  5. 樹脂モルタル成形
  6. 塗装用シーラー材塗布
  7. 仕上げ塗装

床と天井のひび割れ補修の工程

床のひび割れの補修

1.樹脂モルタル用プライマー材塗布

ひび割れ部に樹脂モルタルの附着性を高めるためのプライマー材を刷毛などで塗布します。

 

2.樹脂モルタル成形

ひび割れ部を覆うように樹脂モルタルを塗布します。左官ごてと専用のバックアップ材を使用し、ヒビを埋め、表面をなめらかに仕上げます。

樹脂モルタルは、軽くて丈夫な、建物補修材です。

 

天井のひび割れの補修

1.ケレンがけでエフロを除去

天井のひび割れ部周辺のエフロをケレン掛けして取り除き、割れた位置がわかるようにし、補修できる平らな状態にします。床にはあらかじめゴミや塗料が落ちないように養生を行なっておきます。

 

2.樹脂モルタル用プライマー材塗布後、樹脂モルタル成形

床部と同じプライマー材、樹脂モルタルを使用しています。

 

3.塗装用シーラー材塗布

天井部は、塗装されているので、周囲に合わせて塗装処理も行ないます。塗料の接着を高める為に浸透性のあるシーラー材を塗布します。

 

4.仕上げ塗装

周囲に養生を行った後、水性塗料で仕上げます。狭い範囲は刷毛、広い範囲は均等に塗布するためローラーを使用しました。

 

マンション内部の劣化につながるひび割れは早めに補修を

コンクリートを使用したマンションでは、経年劣化や揺れにより、ひび割れができることがしばしばあります。

この部分から水がしみこむと、今回のように雨漏りするだけではなく、コンクリート内部の鉄骨・鉄筋を錆びさせ、建物全体の劣化を早めてしまう事になります。

床や天井だけでなく、外壁などにもひび割れを見つけたら、いち早く補修工事をされることをお勧めいたします。ひび割れは放置すると広がります。

また、ひび割れを補修するだけでなく、しっかりと防水工事まで行うことで、建物の劣化を防ぐことができます。

 

大阪市福島区のマンション廊下のひび割れ補修工事ならヤマナミへ